Persistence

続けることに意味がある。

GraphQLキャッチアップ

最近、AWS AppSyncやReactをさわり始めた。AppSyncはまだまだ十分ではないものの、近い将来、APIサーバは必要なくなるという可能性を感じた。API Gateway + Lambdaのときも感じたけど、その時はRESTful脳だったから正直サーバレスにしたところで楽にはならなそうと思ったけど、AppSyncの場合はそれよりもずっと可能性が高そうに感じた。ということでGraphQL界隈を少しだけ探索してみた。ほんの少しだけなのにこんだけたくさん出て、サーバサイドエンジニアとしてはこりゃもうReactなんてやってる場合じゃないわ。

リンクメモ

GRANDstack

GraphQL, React, Apollo, Neo4j Database の頭文字を取ってGRAND stack。 AWSだったらAppSync + Neptuneか。

GRANDstack Starter

サンプルアプリケーションを動画で詳しく説明してくれている。 Neo4jはWeb上のサンドボックスで、アプリケーションの実行はZEITというPaasで行っている。

2018ワールドカップのGraphQL APIを作りました | POSTD

GRAND stack で作られたサンプルの紹介。スキーマ設計の参考になります。

prisma/graphql-playground

GraphiQLの進化版。デスクトップアプリになっている。

serverless/serverless-graphql

AWSで実現するGraphQLアプリケーションのサンプル。 AppSync版とAPI Gateway + Lambda版がある。

GraphCMS

GraphQLを使ったBaas。Typeスキーマを定義するだけでMutationなどは自動生成される。CMSとしてはデータ管理のほか、AssetsやWebhookなどもあり、なかなか良くできている。

GitHub GraphQL API v4 | GitHub Developer Guide

Githubが提供しているGraphQLのドキュメント。 GraphQLの設計の参考になりそう。

サンプル

graphql-playground に Example として紹介されているものたち。

https://graphql-pokemon.now.sh/

ポケモンのデータベース。

https://api.graph.cool/simple/v1/cixne4sn40c7m0122h8fabni1

Instagramっぽいもの。

https://api.graph.cool/simple/v1/cixos23120m0n0173veiiwrjr

映画のデータベース。