読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Persistence

続けることに意味がある。

node.jsの環境構築メモ

Node.js

Yeomanを使ってみようと思って、Macにインストールされているnode.jsをすごい久しぶりに触ろうとしたらエラーが起きたので、nodebrewを使って再構築したメモ。

node.jsのアンインストール

まずはじめに、Macにインストールされているnode.jsをアップデートし、npmパッケージを入れていこうと思ったら、node.jsをアップデートした後にnpmコマンドが使えなくなってしまいました。node.jsをアップデートする前から使えてたかどうかは不明です。(かなり長い間使っていなかったので。)

$ node -v
v0.8.16

$ n stable

     install : v0.12.2
       mkdir : /usr/local/n/versions/0.12.2
       fetch : http://nodejs.org/dist/v0.12.2/node-v0.12.2-darwin-x64.tar.gz
   installed : v0.12.2

$ node -v
v0.12.2

$ npm
module.js:338
    throw err;
          ^
Error: Cannot find module 'are-we-there-yet'
    at Function.Module._resolveFilename (module.js:336:15)
    at Function.Module._load (module.js:278:25)
    at Module.require (module.js:365:17)
    at require (module.js:384:17)
    at Object.<anonymous> (/usr/local/Cellar/node/0.8.16/lib/node_modules/npm/node_modules/npmlog/log.js:2:16)
    at Module._compile (module.js:460:26)
    at Object.Module._extensions..js (module.js:478:10)
    at Module.load (module.js:355:32)
    at Function.Module._load (module.js:310:12)
    at Module.require (module.js:365:17)

npmコマンドを叩くと上記のエラーが起きます。モジュールが足りないと言われるがそもそもnpmコマンドが使えないのでモジュールを入れる事ができませんでした。また、npmをアンインストールするにもnpmコマンドを使うので詰んでしまった。。

なので、node.jsから入れなおすことにしました。

ところで今使っているnode.jsはどうやって入れたものか?それがわからないと消し方もわからないのですが、まず一番ありそうなところで、Homebrewを確認してみます。

$ brew list node
...

brew経由でnodeが入っていた事は分かりましたが、フォルダ名が現在使っているバージョンとは違いました。これはアップデートする前のバージョンが表示されるのかもしれませんが、この時のログが流れてしまってもう確認できません。なんにせよもう必要がないのでアンインストールします。

$ brew uninstall node

もう一つの方法として、nodeをインストーラからインストールした場合の削除方法というのもありましたので、念のためこちらもやっておきます。また、あわせてnpmのグローバルでインストールしたパッケージも削除しました。手順は以下のサイトを参照しました。

http://whiskers.nukos.kitchen/2014/09/25/nodebrew.html

これでもまだnodeの実行モジュールが残っていてパスが通るので、手動で実行モジュールを削除しました。(たぶん正しい手順ではないです。)

$ which node
/usr/local/bin/node

$ sudo rm /usr/local/bin/node

nodebrewのインストール

nodebrewはnode.jsやio.jsのバージョン管理ツールです。Rubyでいうrbenvみたいなものですね。他にもnode.jsのためのバージョン管理ツールが色々とありますが、nodebrewが一番環境をクリーンに保てて良いというのを目にしたのでこれにしました。実際、使うのは~/.nodebrewだけで、あとはパスを通すだけです。とってもクリーンですね!

インストール方法もこちらのサイトを参考にしたので、自分が改めて書くまででもないですね。

http://whiskers.nukos.kitchen/2014/09/25/nodebrew.html

基本的なコマンドだけメモしておきます。

  • nodebrew ls-remote
  • nodebrew install-binary [バージョン]
  • nodebrew uninstall [バージョン]
  • nodebrew list
  • nodebrew use [バージョン]

nodebrew install [バージョン]でもインストールできますが、ソースからコンパイルするため非常に時間がかかります。通常はinstall-binaryを使うといいですね。

参考

ちなみに、今から使うんだったらio.jsじゃない?って思ってちょっと調べてみたら、こんな記事が見つかりました。内容は記事を見ればわかるのでここには書きませんが、自分は特に最新機能が必要でない限りはnode.jsを使いつつ様子見しようと思います。

http://yosuke-furukawa.hatenablog.com/entry/2015/03/05/171527

広告を非表示にする